書籍とサイトの価値について

金子です。

 

購読有り難うございます。

 

 

本日は、書籍とサイトの目的や価値が似ている理由について解説します。

 

書籍のコンテンツや目的とサイトのコンテンツや目的について

書籍

 

 

書籍の役割は、知りたい情報を与える事だったり
人間を楽しませたり、困った事を解消できたりと
結論から言えば、”人間の欲求を解消するもの”

だと思います。

 

これは、間違いないでしょう。

 

そしてもう一つはサイトの価値です。

 

私達はサイトを見る時に検索エンジンで検索してサイトにアクセスします。

 

その際には自分が知りたい事、つまりそれをキーワードとして打ち込みます。

 

そしてその情報に見合ったものにアクセスしてサイトを閲覧します。

 

先ほどの書籍と比較すれば 目的も求める価値も、ほぼ同じなのです。

 

「当たり前じゃん」と思われるのも当然と思いますが
しかし インターネットの世界では書籍よりも 瞬時に移動して必要な情報を必要なだけ ネットを使う人が増加しているのが現状なのです。

 

書籍を元にサイトを作る、 サイトを元に書籍を作る

 

尚、その逆がどうなのか?についてですが
正直、一部ネットから情報を収集して書籍のコンテンツとして
使っているものも 存在します。

もちろん、ネットで拾った・・・なんて事は書かないものですが
読み手に情報を与える事が 書籍、サイトの目的であるからこそ、
書籍⇒サイト
サイト⇒書籍

といった事も十分に可能なのです。

 

そして、もう一つは 現状でネットの世界にしかないコンテンツ
そして現状で書籍の世界にしかないコンテンツというのは、
少なからずあるものなのです。

もちろん 情報の有り無しが重要ではなく、
何より大事な事は、検索してきた人に必要な情報を与える事なのです。

 

この共通点を考えれば 書籍がサイトコンテンツ作りに役に立つ事は
合理的な考え方でもあり、その辺は、私の実績に目を通して貰えれば
良いと思います。

 

金子仁志の実績の詳細はこちらで確認できます。

 

RMAという書籍を活用したアフィリエイト×動画戦略

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ