「ネットビジネス議事録」ナカガワ アンチブログをさらします。

いつも購読有り難うございます。

 

みなさんは なかちゃん塾 中川塾というものをご存じでしょうか?

 

実は、私のことを適当な書き込みをしているサイトを
偶然見つけたので、そのサイトの事を調べてみました。

 

 

 

情報商材というものですから何を書かれるのも自由です。結構ですが
私として、いくつか 腑に落ちない部分がありましたので、今回記事にした次第です。

 

 

ネットビジネス議事録ナカガワ 中川塾の書き込みについて

image416

 

 

こちらのサイトですが

中ちゃん塾で検索

 

こちらのサイトでは、中身も見ない状態で、

「無料で調べられる」
「当たり前の事」

「私の報酬画面がおかしい」

 

という事ですが何もおかしくありません。

 

複数の報酬画面を切り抜いて重ねているのですが
何をおかしいと言っているのか理解もできません。

 

アドセンスの合計や物販アフィリエイトの合計です。

 

数字がおかしいとか、一体どこまで適当に見て書いてるのだろうかと、私も正直驚いてしまいました。

 

また、実サイトなどを公開しない理由は、
まずアドセンスなどは、コードが公開されることで 予期せぬリスクが出てきます。

 

今や海外の”あるサービス”では、自分のアドセンスサイトが分かれば
芋づる式にサイト情報が外部に漏れてしまい、とてつもない嫌がらせを
受ける事もあります。

 

アドセンスのソースコードの末尾の番号で特定できてしまいます。

 

アドセンスこそ、アドセンス狩り対策ができるので 広告を使われる事は、
ありませんが 本当に腕のある人が収入を激減させようと思えば
同一キーワードを狙ってきたりされますので 一歩間違えれば致命傷です。

だから 賢い人ほど 細かい情報は確実に公開しません。

 

またテンプレートに関しては、公開するつもりでしたが
正直なところ、サンプルサイトなどを構築してセールスページで
説明するつもりでしたが こちらの都合で そこまでは行っておりませんでした。

 

ただ、そこは、どのように思って頂いても構いませんが
マニュアルでは実践者の方が ノウハウを理解し易いように
サンプルサイトは用意しております。

 

批判して稼ぐ事しかできない、アンチブログに「無料で調べれば分かる事」と言われました。

 

私は、私なりに 本コンテンツについて しっかり作成したし
内容を見られた人の中には 本当に喜ばれる人が居たのも事実ですし
再現性の高さは 非常に高いと自信持って言えます。

 

あえてセールスページでは伏せる事もなく
実際の作業内容を明記しました。

 

しかし、ここには しっかりしたノウハウがあるからこそ
全て手順を明かしても それだけでは、調べても稼げないという
計算の元で 今回のようなセールスページにしているのです。

 

そんな 他人の商品ばかりを批判し続けて、無料塾と称して
登録させて 何段階も商品を買わせて最後に高額なお金を
摂取するような 仕組みで稼いでいる方に、 ケチを付けられるとは思いませんでした。本当に悔しいです。

 

おまけに、彼は中身も見ずに、「無料で調べれば分かる事」らしいですが
彼の無料塾のメルマガで出てくる内容よりは、100%上質にできあがっている事は
間違いありません。

 

彼のブログでは 殆どの商品が詐欺扱いされており
全ては、自分の塾への勧誘目的にしか私の目には映りません。

 

そして色々と調べたところ、

中ちゃん塾で検索

 

多くの方がご覧のように過去の状況について記事にしています。

 

サイトタイトルも何か特徴無いな…と感じてましたが、
結論から言うと、「検索逃れ」なのでしょう。

 

悪いものは、悪いという事は、非常に大事だし 良いと思います。

しかし、2万、3万程度の商品で購入もせず、今回のような書かれ方をしたことについては、本当に心外でした。

 

いずれにしても、私に落ち度があれば、私の商品について否定的な
意見をいうブログなど公開しませんが、私は自分の商品にも自信を持っているし
サポートにも自信を持っています。

 

もちろん買われた人からの感想であれば親身に受け止め、
そして さらにコンテンツにも改善もする…そのぐらいの勢いで
販売している商品に対して、私としても この ナカガワというサイトに
記事にされた事は心外でした。

 

これは、情報販売者として、当たり前のことですが、
こういった 意味不明な批判に対しても負ける事なく
引き続きサポートなどにも力を入れて より多くの人に結果を
出して頂けるように 頑張ろうと思います。

 

 

乱文 最後までお読み頂いて有り難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ